今年こそは脱・賃貸生活〜お教えします、家づくりのノウハウ〜

この記事をお気に入りに追加する

消費電力の大きい家電は

東日本大震災の影響で、今年は猛暑ながら各家庭で節電の努力をされていることと思います。

我家でも不要なコンセントは抜く、エアコンの温度は高めなど一通りの節電はしておりますが、一般的に知られていない節電方法もあるかもしれませんので少しご紹介させていただきます。

まず家にいる時は、昼間はエアコンなしでは辛いですよね。温度を28度にしていてもやはりかなりの電気を使います。

ならば家にいなければ良いのです!昼間は図書館に出掛けるなど行うと、全然違いますよ!
私はペットがいるので外出時もエアコンはつけなければいけませんのでこの方法は使えませんが、ペットのいない方は是非試してみてください。

家にいる時は、やはり扇風機の活用です。

電気代は全然違います。扇風機の真前に陣取ると相当な暑さでもしのぐことができます。少し動いては扇風機、家事の合間に扇風機、と我慢できるギリギリまで扇風機を活用しましょう!
そして以外と知られていないのが、ドライヤーを温風ではなく送風で利用する節電です。

夏場は送風でもわりと早く髪が乾きます。

温風よりも時間はかかいりますが、かなりの節電になるそうです。電気は電力を熱に代えるのにエネルギーが要りますので、熱を出すものの使用を控えるとかなりの節電になります。

たとえば洗濯機は使っても乾燥機は使わない、焼肉やお好み焼きなどホットプレートを使う料理をやめて、とろろ飯など火を使わないレシピを増やすなども有効ですよ。